プレスリリース

ESR Media Contacts

ESR日本及び当サイト掲載の海外プレスリリースに関するお問い合わせ
ESR株式会社 (東京)
PR担当・横山 智子
TYokoyama@jp.esr.com
Tel(直通):03-4578-7148

レッドウッド川島ディストリビューションセンター 2018年1月より(株)ディーエムエスと6,887.28坪を契約、 「川島ロジスティクスセンター」1.5倍拡張移転・稼働

2017-12-30

レッドウッド川島ディストリビューションセンター 西側エントランスより

 

ESR株式会社(代表取締役:スチュアート・ギブソン、本社:東京都港区虎ノ門)は、この度、埼玉県比企郡川島町に竣工済「レッドウッド川島ディストリビューションセンター(DC)」において、ダイレクト・マーケティングのトータルサービスを提供する、株式会社ディーエムエス(代表取締役社長:山本克彦、本社:東京都千代田区神田小川町、以下DMS)と<倉庫+バース面積:21,895.36㎡(6,623.35坪)・事務所面積:872.46㎡(263.93坪)合計:22,767.82㎡(6,887.28坪)>の賃貸借契約を締結いたしました。
契約開始は2018年1月1日。

 

DMSは2015年2月より「川島ロジスティクスセンター」を開設し、荷主企業の通販事業に必要な受注から出荷までを一括して担う「通販物流サービス」、及び、サンプリング、キャンペーン、販促品・用度品などの「販促物流サービス」を提供しており、この度、事業拡大に伴い、弊社「レッドウッド川島DC」に約1.5倍に増床移転の運びとなりました。
また、これまでの川島ロジスティクスセンターの近隣に所在し、公共交通機関からのアクセスが改善する為、既存の従業員の継続雇用及び新たな従業員確保にも有利である、という点も今回の移転の効果という評価を頂いております。

 

<レッドウッド川島ディストリビューションセンター 施設概要>
□所在地:埼玉県比企郡川島町大字戸守678-1
□敷地面積:19,408㎡(5,870坪)
□賃貸面積(全館):39,799㎡(12,039坪)
□アクセス:【車】圏央道 「川島IC」より4.0km(県道212号沿い)
【電車】東武東上線 「高坂駅」より 3.5km(タクシーで約10分)

 

アクセスマップ

 

〈株式会社ディーエムエスについて〉
株式会社ディーエムエスは昭和29年創業「ダイレクトメールサービス」、昭和36年に「ダイレクト・メール・サービス株式会社」を前身とし、ダイレクトマーケティングのトータルサービスを提供しています。
企画制作から施策実施に至る各プロセスと様々なダイレクトコミュニケーション媒体や機能を合わせて提供するトータル力を強みに、DM、SP、イベントなどのリアル施策とウェブ施策を組み合わせたクロスメディア戦略を立案し、企業と生活者のよい関係づくりをトータ ルサポートする企業を目指していきます。
http://www.dmsjp.co.jp/

 

〈ESRについて〉
ESRは香港にグループ本社を置き、日本・中国・シンガポール・韓国・インドを拠点に、アジア大都市圏の戦略的立地に先進的な物流施設とソリューションを提供することに特化した物流不動産のリーディングプロバイダーです。お取引先様にご期待以上の施設・ソリューションの提供に努め、投資家の皆様への収益還元に貢献いたします。
前身のレッドウッド・グループは2006年に設立。2016年1月にe-Shang(イーシャン)と経営統合、ESR(e-Shang Redwoodの略称)に名称変更。本経営統合に伴い、日本法人 レッドウッド・グループ・ジャパン株式会社は2016年10月3日に「ESR株式会社」に社名変更、日本における物流不動産の開発・運営を行い“HUMAN CENTRIC DESIGN.”(人に優しい設計)を基本理念とする、新しい価値を体験できる最新式の物流施設を創出してまいります。
また、弊社施設には、フィリップス・レスピロニクス合同会社、西濃シェンカー株式会社、アスクル株式会社、SBSロジコム株式会社、アサヒロジスティクス株式会社他、多数のグローバル企業様に入居頂いております。
http://japan.esr.com/

 

本リリースに関するお問い合わせ先

ESR株式会社 PR担当:横山智子 TEL(直通) 03‐4578‐7148 email TYokoyama@jp.esr.com

TypeInfo: プレスリリース

Keywords for the information:

©2017 e-Shang Redwood Limited, All Rights Reserved   沪ICP备12024686号             個人情報保護に関する方針           ご利用条件