サステナビリティ

 

環境維持への取り組み

 

ESRでは再生可能エネルギーを積極的に活用し、環境負荷の低減に最大限配慮した開発を進めております。
再生可能エネルギー活用の一つとして、日本での全プロジェクトに太陽光発電システムを導入しております。
また、建物設計においては、エネルギー効率の高いLED照明、雨水貯留槽や節水システムの導入、充実した緑化設計など、工事段階においては、再生材の活用、建築資材の使用量削減など、お客様や地域社会に対し長期的な貢献を続けてまいります。


また、ESRは各国・地域が定める環境に配慮した建築物に対する認証基準に従い、環境負荷を低減しエネルギー効率の高い物流施設の開発に努めております。
日本においては、環境性能を様々な視点から総合的に評価する、CASBEE(R)- Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency(建築環境総合評価システム)-の認証基準を満たす、物流施設の開発に積極的に取り組んでおります。
中国・韓国はLEED-The Leadership in Energy andEnviromental Design- の認証基準に従って開発を行っております。


また、ESRは郊外でなく、空港、港、道路など交通インフラが整い、消費者居住圏、労働者居住圏に近い、かつ過去に経済活動のあった立地の良い場所を選んで積極的に再開発を進めております。物資や人材の移動時間が少ないということは、輸送コスト・CO2排出量を抑えることができます。また、再開発により雇用創出や地域税収増による地域経済活性化にも貢献できるとも考えております。
 

©2017 e-Shang Redwood Limited, All Rights Reserved   沪ICP备12024686号             個人情報保護に関する方針           ご利用条件